2011年07月28日

強制隔離政策と光田健輔

「就実学術成果リポジトリ」に,『日本のハンセン病強制隔離政策と光田健輔』(山川基・小笠原真・牟田泰斗)と題する研究論文が掲載され,ネット上でも公開されている。

興味深いテーマではあるが,内容としては,藤野豊氏などの研究成果,国賠訴訟の裁判記録,検証会議報告書などが明らかにしたハンセン病問題の歴史的背景,特に国家による絶対隔離政策への光田健輔の関与と影響について簡略にまとめているという域を出てはいない。
国家の絶対隔離政策に深く関与したのは光田健輔である。彼の発言力は絶大であり,医学的権威として,常に国家によるハンセン病政策の方向を決定してきた人物であると言える。その意味で,日本のハンセン病政策・絶対隔離政策を解明するキーパーソンとして光田健輔を取り上げ,彼の動向(言動)と国家の政策を対比させながら整理することは重要であるし,私も相関関係は整理しておきたいと考えているが,本論文は表面的な動向を時系列に整理しただけであり,やや物足りなさを感じる。

藤野豊氏の『「いのち」の近代史』『ハンセン病 反省なき国家』などを参考にしながら,絶対隔離政策に及ぼした光田健輔の影響について整理してみたい。


光田健輔の関与について調べるほどに,彼がヒトラーと同質の人間に思えてくる。ヒトラーが自らの思想を実現するためにユダヤ人を抹殺したように,光田健輔はハンセン病患者を抹殺しようとした。

光田にとっての究極の「目的」は,地球上からハンセン病を完全に撲滅することであり,ハンセン病に罹患している患者の治療や救済ではなかった。
そして,その目的を達成するためには如何なる「手段」も正当化されたのである。つまり,患者を絶海の孤島に強制収容し,完全に隔離して,その中で「絶滅」させることも,ハンセン病患者を一人も増やさないために「断種」や「中絶」も,ハンセン病研究のために患者を「解剖」し,その臓器や堕胎した胎児を「標本」にすることも,これらすべてが「目的」のために肯定されたのである。


1876年に山口県で生まれた光田は,私立済生学舎に学び,東京帝国大学医科の病理特科で経験を積んだ後,1898年から東京市養育院に医師として勤務し,行旅病者のなかにハンセン病患者が多いことに注目,ハンセン病の研究に着手した。そこで知己を得た財界の大番頭渋沢栄一の人脈により政界・官界に食い込み,ハンセン病患者の絶対隔離政策の確立に深く関わった。そして,1909年に全生病院の医長に就任,1914年より院長となるやすぐに男性患者への断種を開始,1931年に長島愛生園長となり,戦後に至るまでその信念であった絶対隔離政策を推進,1951年にはハンセン病医療への貢献を評価され文化勲章を受け,1957年に愛生園名誉園長となり,1964年に死去した。

藤野豊『ハンセン病 反省なき国家』より

posted by 藤田孝志 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 光田健輔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

ハンセン病の医学的知見

『90年目の真実』に収録されている和泉眞藏先生の講演録「医学が解き明かした隔離政策の誤り」に,ハンセン病についての医学的な解説がわかりやすく述べられている。これをもとにハンセン病について医学的にまとめてみようと思う。


ハンセン病の病症については,古来からの俗信も含めて目に見える症状から事実以上に誇張され,差別と偏見から伝聞されてきた。
ハンセン病にかかると(感染すると)このような症状になるのだとまちがった医学的知見が語られてきた。

遺伝病ではない,感染力が極めて弱い,感染しても発病は極めて希である等々,従来のハンセン病の認識が如何に誤っていたかという点については多く論じられてきたが,ハンセン病が如何なる疾病であるかについて正しく認識できているかは疑問である。


<ハンセン病と免疫>

ハンセン病は,らい菌により末梢神経と皮膚が侵される慢性細菌感染症である。

らい菌は毒力が極めて弱く,この菌に対して特異的な病的免疫応答をする個体だけが発症するので,人体側の要因によって発症が大きく左右される特徴がある。

らい菌に対する免疫応答性の個体差は,多彩な「病型」として現れる。

らい菌に対する防御免疫である細胞性免疫能が高く,局所病変にとどまる「類結核型」(T型)
細胞性免疫能が全く働かないため病変が全身化する「らい腫型」(L型)
両者の中間型で多彩な病状を呈するボーダーライン群(B群)
に大別され,T型からB群を経てL型に至る連続した病型の変化を「らいスペクトル」という。
また,いずれにも分類できない初期の状態を「未分化群」(I群)という。

<感染と発症の乖離>

「感染」とは,細菌が宿主の皮膚や粘膜などの体表面のバリア(防御機能)を突破して生体内に侵入した状態のことである。

病原体の感染を受けた個体は,各種の免疫機構を動員して病原体を排除しようとします。しかし,らい菌や結核菌などの「抗酸菌」と呼ばれる一群の菌は特殊な菌で,感染後ヒトの免疫細胞などに取り込まれても,通常の細菌のように簡単に殺菌排除されません。このため,感染した菌はヒトの体内にとどまって生涯生き続けることになりますが,宿主と菌との間には平穏な「共生」関係が成立するため,発病することは多くありません。この平穏な共生関係が何らかの理由で破綻して菌が増殖し始めると,ヒトの免疫系がそれに反応して「闘い」が始まり種々の臨床症状が現れます。これが「発病」であって,「感染」とは区別される生命現象です。

ハンセン病はらい菌の感染を受けた個体のうち,菌との平穏な共生関係が破綻して病的免疫応答がおきた場合にだけ発病する感染症である。つまり,ハンセン病は,金が感染しても発病することの希な疾患であり,感染と発病の間に大きな乖離のある感染症である。

<遺伝的素因と感染力>

ハンセン病はらい菌の感染を受けた者の中から感受性のある者だけが発病する疾患である。
それゆえ,感受性を持つ者の比率が高い集団では伝染性が強くなり,逆に少ない集団では伝染性が弱くなる疾患である。社会経済状態が向上するとともに感受性を持つ者の数は少なくなり,流行は終息に向かう。

病気に対する感受性は「遺伝的素因」と生後の生活史の中で獲得した「後天性因子」によって形成される「かかり易さ」という性質によって決まる。

ハンセン病の場合,生活状態が悪化すると後天性因子は発病を促進する方向に働くので,社会経済状態が悪化すると集団の中で感受性を持った人が増え,発病者が増加する。逆に,社会が豊かになると,後天性因子は発病しない方向に働くため,発症する人は減少する。

ハンセン病に対する遺伝的素因は,人種により差があり,日本人はかかりにくい人が多い人種である。

posted by 藤田孝志 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 概説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

ハンセン病問題史

ここ1ヶ月ほど,今までに購入していなかったハンセン病関連の書籍を買い求めて読み耽っていた。

藤野豊氏のハンセン病関連の書籍はほとんど読んできたが,なぜか躊躇していたのが『「いのち」の近代史』である。大部であり,近代ハンセン病史ともいえる内容であり,落ち着いてじっくりと精読したいと思っていたのが理由だ。ハンセン病問題については,その歴史背景をまとめてみたいと考えているので,そのときに中心的に読もうと思っていた。 しかし,本書の中で興味のある章から読み始めてみると,藤野氏の軽妙な語り口と切り口の明快さから時間を忘れ,つい読み耽ってしまった。

藤野氏の文章は読みやすく,資料の引用や文章構成が的確である。 だらだらと長いだけの饒舌な文章,くどいだけでしかないのに同じ表現・表記を多用(しつこい繰り返し)するといった独り善がりの文章ではない。そのような文章がブログ上に多く見られる。一体何が言いたいのかよくわからない。特に,他者に対する感情的な非難や誹謗中傷の場合,いくら本人が「批判」であると言い訳しようとも,その文章からは個人攻撃に終始する悪意と敵意しか読み取ることはできない。 それらに比べ,藤野氏は簡潔に結論を述べ,資料を考察して根拠を明らかにし,問題点に言及する。だから,彼の著書や論文はわかりやすいのだと思う。

今回,『「いのち」の近代史』,その続編『ハンセン病 反省なき国家』,『ハンセン病と戦後民主主義』を通読して,ハンセン病の歴史的背景を国家による意図的な政策という視点から的確に理解することができた。 それは,国家の進路を政治的に担ってきた人間と,ハンセン病対策に関わってきた光田健輔たち医者との「意志」が強く相補的に反映された結果であった。

個人の悪しき「意志」が国家に反映されたとき,時代を超えて共通の悲劇を生み出す。 今回の福島原発に関連する不祥事もまた同様である。国策に関わる人間の「意志」や「思想」が人間の運命さえも左右してしまう。

光田健輔らのハンセン病撲滅への願いは正しかった。だが,その方法論と,患者を犠牲にすることでハンセン病を日本から撲滅させようとする「意志」がまちがっていた。 時代に翻弄され,ハンセン病撲滅が急務であったとしても,患者を隔離することで「隠蔽」と「感染防止」を実現させ,患者の死をもって「撲滅」を完遂させようとする「意志」は決して許されない。 【目的は手段を正当化してはならない】
posted by 藤田孝志 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

光田健輔の「患者観」(2)

『島は語る ハンセン病市民学会年報2010』に集録された「総括座談 島の当事者の声を聴いて」より,徳田靖之氏と内田博文氏の発言から光田健輔の考えを検証してみたい。


1 「孤島隔離論」

1915年,光田健輔は内務省に「癩予防に関する意見書」を提出する。その中で,光田はハワイのモロカイ島のような絶海の孤島にハンセン病療養所を設置して患者を収容すべきであるという考えを明らかにする。翌年,内務省は光田の考えを正式に採用する。
徳田氏は,なぜ光田が「島」を選択したかについて次のように推察する。

…その第一は,「隔離の徹底」「隔離の完全化」ということだと思います。…完全に隔離することによってハンセン病の感染拡大を防ぐということが第一点であり,そして第二点として,島に隔離することを通じて完全に,ハンセン病と診断された人たちを抱え込むことができる。第三に,その上で,その島における療養所の中を完全に密室化できる。

孤島への収容ほど「絶対隔離」を実現するに適した方法はない。「絶対隔離」の条件は,社会との隔絶と脱走不可能である。完全ではないにせよ,離島はその条件を満たす最適の場所である。この条件が必要な施設は「刑務所」であって,「療養所」には不要である。光田は,ハンセン病患者の「療養」よりも,社会からハンセン病患者を「消滅」させるために「絶対隔離」を選択したと考える。ハンセン病患者をすべて収容し,完全に隔離し,社会と遮断することで,ハンセン病を社会から根絶しようと考えたのである。それは,まるで犯罪者を「遠島」に「島流し」した江戸時代の刑罰の発想と同じである。ハンセン病患者の立場ではなく,(患者以外の)社会の立場からの施策である。社会を守るために,患者を犠牲にする立場である。


2 「楽天地論」…パラダイス創造論

光田健輔が「孤島隔離論」を推進したもう一つの大きな理由は,島に療養所をつくることで,島に「楽土」「楽天地」「パラダイス」をつくり上げることができると考えたことにある。

光田は「社会の中で過酷な差別に晒されて,惨憺たる思いをしている人たちは,その社会の中で苦しみがますます増えていくっていう状況よりも,その社会から完全に隔絶された中で,同じ病の者同士が暮らしていくほうがはるかに幸せ」であり,「同じ病の者同士が生活共同体をつく」り「抜け出すことのできないという物理的状況の中で宗教的慰安と娯楽を与えれば,入所者たちは幸せになる」と考えた。
つまり,社会の中で過酷な差別を受けるよりも,社会から隔絶された孤島の中で,同じ病の者同士が生活共同体をつくって,宗教的慰安と娯楽を与えられて生活する方がハンセン病患者にとって幸せだと光田は考えたのである。

「孤島隔離論」の前提となる光田の認識をまとめれば,次のようになるだろう。

@ハンセン病患者は社会の中で過酷な差別に晒されている。
Aハンセン病は遺伝的要素をもち,感染力の強い,恐ろしい伝染病である。
Bハンセン病は完治することのない,不治の病である。

@は,ハンセン病に対して社会がもっている苛烈な差別と偏見についての認識であり,AとBは@の根拠ともなるハンセン病についての認識である。ただし,ハンセン病に対する光田の認識は社会が抱いているほどではないように思える。

光田健輔は『愛生園日記』に,次のように記している。

いままでにひとりのライ者も出したことのない家族の中から家族の中に,突然ひとりのライが発生しても,その家は未来永劫ライの血統であるという烙印をおされる。そしてその家族や子孫との結婚はおろか,交際もできない境遇に落ちて,過酷な差別待遇に苦しまなくてはならない。こうした精神的な苦痛があるばかりでなく,その肉体的な変貌はどうしようもない絶望の淵へ,人間をつき落としてしまう。

この認識が光田の「ハンセン病患者観」であり,それゆえの「絶対隔離推進論」である。彼のハンセン病に対する「不治の病」「遺伝病」「伝染病」,そして社会から絶望的なほどに嫌悪される差別の現実という根本的な認識は,特効薬プロミンの発明以後も終生変わることがなかったように思える。

なぜ光田はこの認識を変えることがなかったのだろうか。否,できなかったのだろうか。それは,彼のハンセン病医学の第一人者であるという頑強な信念と自負心によると思われる。そこには彼の屈折したコンプレックスすら感じられる。


3 「救らい思想」

光田健輔の強烈な自負心はどこからくるのだろうか。
徳田氏は,次のように考察する。

…光田さんの特徴は,それは自分が決める。ハンセン病療養所の医師や管理者が,入所しているみなさんにとって何が幸せかっていうのは自分が決めるという,そこにある。入所している方々にとって何が幸せかっていうのは,当事者自身が決めるべき問題だ。それを,園長が決めていく。たとえば,宗教的慰安と娯楽を与えることで幸せになる,なるはずだ。なぜそう思うのかっていうところに,私は,その「光田イズム」のもうひとつの特徴,「救らい思想」があると思うんですね。自分たちは,このハンセン病を患った上に社会的に過酷な差別に晒されている人たちを救うために,一生を捧げているという自負心,この「救う」という意識が,入所しておられるみなさん方にとって何が幸せかっていうことも,自分たちが決める。救おうとしている自分たちが,これが幸せだと思うことが,入所しておられるみなさんにとっても幸せであるはずだという,ここにあるわけです。

時代背景と,その当時の道徳観・価値観・社会観・人間観などが光田の人間性や考え方に影響を与えていることは確かではあるが,それにしても光田健輔の傲慢ともいえる剛直さには驚嘆する。
この光田健輔の自負心,剛直さを支えている「大義名分」が「救らい思想」である。

光田さんの特徴は,自分の方針に忠実で,あるいは自分を慕ってくれる人に対しては限りない「慈父」のような,すばらしい,なんていうか,配慮を示す大人物だったと私は思うんですけれど,逆らう者には過酷に弾圧を加えるといいますか,なぜそんなふうに入所者の方々に対する態度が二分するかというと,つまり「救らい者」というか,先ほど内田先生が言われましたけど,やはり神の上,高みに立っている人,その人が,「本当に気の毒なあなたたちのために私がやってあげるんだ」という,その意識の強さが,自分の方針に忠実に従おうとしている人たちに対しては限りなく「慈父」のような優しさを示し,最大の寛容さを示す。しかし,逆らう者に対しては,この「楽土建設を阻害する者」として「反逆者」として厳しく対処するという,二面性を持ってきているのではないか。

自分の主義・主張に賛同してくれる人に対しては友好的な対応をとるが,承認しない相手に対しては辛辣なイヤミと皮肉を執拗に繰り返す人間を知っているが,光田健輔の人間性と同種のものを感じる。


4 パターナリズム

光田健輔の姿勢の根本に「パターナリズム」があったと内田博文氏は考察する。

「強い立場にある者が,弱い立場にある者の利益になるようにと,本人の意思に反して行動に介入・干渉する」パターナリズム…「光田イズム」のバックボーンにそれがあったのではないかと思われるからです。

…この「名医」っていう考え方はあくまでも,医療従事者にとっての名医でして,患者さんにとっての名医という視点が,まったく欠けている考え方です。もうひとつ気になりますのは,この「名医」という考え方が,医師は神になる努力をしなければいけない。神に近づくことによって医師は名医になるんだ,というところに答えを求めているところです。…努力したからといって人間が全能の神になることはできない。この「できない」ことを率直に認めないところに,非常に大きな問題があると思います。

…光田健輔さんはまさに名医になろうとされた。名医になろうとされたがゆえに,ハンセン病について私はすべてよくわかっている。入所者のこともよくわかっている。患者さんのことも一番わかっている。だから,私が決めるのが一番患者さんのためになるんだ,入所者の方になるんだ,と錯覚してしまった。自分はあたかも「神」のような存在だと思ったというところに,大きな過ちがあったのではないかという気がします。

posted by 藤田孝志 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 光田健輔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。