2011年07月22日

ハンセン病の医学的知見

『90年目の真実』に収録されている和泉眞藏先生の講演録「医学が解き明かした隔離政策の誤り」に,ハンセン病についての医学的な解説がわかりやすく述べられている。これをもとにハンセン病について医学的にまとめてみようと思う。


ハンセン病の病症については,古来からの俗信も含めて目に見える症状から事実以上に誇張され,差別と偏見から伝聞されてきた。
ハンセン病にかかると(感染すると)このような症状になるのだとまちがった医学的知見が語られてきた。

遺伝病ではない,感染力が極めて弱い,感染しても発病は極めて希である等々,従来のハンセン病の認識が如何に誤っていたかという点については多く論じられてきたが,ハンセン病が如何なる疾病であるかについて正しく認識できているかは疑問である。


<ハンセン病と免疫>

ハンセン病は,らい菌により末梢神経と皮膚が侵される慢性細菌感染症である。

らい菌は毒力が極めて弱く,この菌に対して特異的な病的免疫応答をする個体だけが発症するので,人体側の要因によって発症が大きく左右される特徴がある。

らい菌に対する免疫応答性の個体差は,多彩な「病型」として現れる。

らい菌に対する防御免疫である細胞性免疫能が高く,局所病変にとどまる「類結核型」(T型)
細胞性免疫能が全く働かないため病変が全身化する「らい腫型」(L型)
両者の中間型で多彩な病状を呈するボーダーライン群(B群)
に大別され,T型からB群を経てL型に至る連続した病型の変化を「らいスペクトル」という。
また,いずれにも分類できない初期の状態を「未分化群」(I群)という。

<感染と発症の乖離>

「感染」とは,細菌が宿主の皮膚や粘膜などの体表面のバリア(防御機能)を突破して生体内に侵入した状態のことである。

病原体の感染を受けた個体は,各種の免疫機構を動員して病原体を排除しようとします。しかし,らい菌や結核菌などの「抗酸菌」と呼ばれる一群の菌は特殊な菌で,感染後ヒトの免疫細胞などに取り込まれても,通常の細菌のように簡単に殺菌排除されません。このため,感染した菌はヒトの体内にとどまって生涯生き続けることになりますが,宿主と菌との間には平穏な「共生」関係が成立するため,発病することは多くありません。この平穏な共生関係が何らかの理由で破綻して菌が増殖し始めると,ヒトの免疫系がそれに反応して「闘い」が始まり種々の臨床症状が現れます。これが「発病」であって,「感染」とは区別される生命現象です。

ハンセン病はらい菌の感染を受けた個体のうち,菌との平穏な共生関係が破綻して病的免疫応答がおきた場合にだけ発病する感染症である。つまり,ハンセン病は,金が感染しても発病することの希な疾患であり,感染と発病の間に大きな乖離のある感染症である。

<遺伝的素因と感染力>

ハンセン病はらい菌の感染を受けた者の中から感受性のある者だけが発病する疾患である。
それゆえ,感受性を持つ者の比率が高い集団では伝染性が強くなり,逆に少ない集団では伝染性が弱くなる疾患である。社会経済状態が向上するとともに感受性を持つ者の数は少なくなり,流行は終息に向かう。

病気に対する感受性は「遺伝的素因」と生後の生活史の中で獲得した「後天性因子」によって形成される「かかり易さ」という性質によって決まる。

ハンセン病の場合,生活状態が悪化すると後天性因子は発病を促進する方向に働くので,社会経済状態が悪化すると集団の中で感受性を持った人が増え,発病者が増加する。逆に,社会が豊かになると,後天性因子は発病しない方向に働くため,発症する人は減少する。

ハンセン病に対する遺伝的素因は,人種により差があり,日本人はかかりにくい人が多い人種である。

【関連する記事】
posted by 藤田孝志 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 概説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。