2011年06月27日

誤った知識の普及

『ハンセン病市民学会年報2010』に,昨年に引き続き,分科会B「啓発活動の在り方を検証する 第2回」のシンポジウム報告が集録されている。

この中で和泉眞藏先生が「啓発の問題点」を端的に述べている。

…子どもがまとめた中に気になる言葉があります。たとえば「弱い感染力なのに,大勢のハンセン病の患者が差別された」というような,弱い感染力なのにハンセン病の患者が差別されたと子どもが書いた。これは一見,正しそうに見えるんですけども,現実に感染症は,強い感染性の問題としてわれわれの前に現れることがしばしばありまして,その時に,感染力が弱いから差別してはいけないんだ,と考えますと,それでは強い人は差別してもいいのか,われわれの社会から排除していいのかという問題に対する,間違っている答えが出てきている。

…「遺伝病ではありません」という主張が,ある程度正しい面もありますけども,逆に言うと,「遺伝病は悪い病気だ,私たちはそんな悪い病気ではありませんよ」と言って,遺伝病の人が非常に困るという事態がひとつです。

感染病に関しては,和泉先生は「防御免疫を持っている大部分の人は菌が感染しても発病することはない」と説明している。
また,遺伝病に関しては「遺伝病は特別な病気じゃなくて,みんなかかる可能性があって,遺伝病を持っている人は排除すべき,悪い素因を持っていることはない」と述べている。
そして,啓発活動における「間違った知識」の危険性について,かつての光田健輔たちの行った「絶対隔離政策」を例に,次のように述べている。

…この計画が進められた時にハンセン病の専門家たちは,強烈な伝染力をもつ恐ろしい不治の病であると,誤った学説で国民を「啓発」し,その結果が「無らい県運動」につながり,国際的な潮流に逆らって,こういう間違った政策が進められた。…しかも,この間違った啓発活動が長年行われた,ということが現在のハンセン病に対する誤解を生んでいる原点である…。

感染症患者を含む社会的弱者と共生する優しい社会こそ,私たちがつくるべき社会だということ…

posted by 藤田孝志 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 責任と課題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。